チェット ベイカー。 チェット・ベイカー|ジャズ歌の常識を変えた無垢な個性【ジャズ・ヴォーカル・コレクション13】

歌もトランペットもイケてるチェット・ベイカーの名盤(後編)

ベイカー チェット

続くサミー・カーンとジューリー・スタインによるロマンチックなバラード「Time After Time」では短いながら表情豊かなトランペット・ソロを披露。 ジャズではマイルス・デイヴィスやジョン・コルトレーンといった楽器の演奏者と、エラ・フィッツジェラルドやサラ・ヴォーンといったヴォーカリストは、きちんと棲み分けがなされているのですね(しかも男女で!)。

5

チェット・ベイカーは結婚を自ら破綻!自伝的映画のラストが美談すぎる?!

ベイカー チェット

それは、気分屋で気難しく、ドラッグに耽溺しながら、ときには暴力も振るう、ろくでもない男の姿だった。 そして、何よりも大きな役割を担っているのは、ドラムのスティーヴ・ガッドである。 枯葉が落ちていくは悲しさや切なさが表現されつつも、どこかしら聴き手の心を暖かくする力強さが同居している。

チェット・ベイカーの“愚かな魂”の深淵 『マイ・フーリッシュ・ハート』が湛える“音楽そのもの”の魅力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ベイカー チェット

チェットベイカーの自伝映画『ブルーに生まれついて』の感想記事もありますので是非、ご覧ください。

20

チェット・ベイカーの栄枯盛衰:素晴らしいキャリアと悲劇的な最後

ベイカー チェット

Updated and expanded edition: Chet Baker: His Life and Music. チェット・ベイカーとアート・ペッパーの共演だと、1956年の「プレイボーイズ(Playboys)」のアルバムも有名です。 「三題噺」ではありませんが、もともと歌で自分の気持ちを伝えることが得意だったチェットが、独特の「甘えるような」声質で歌うと、そこになんともいえない味わいが生まれてくるのですね。

7

チェット・ベイカー

ベイカー チェット

これはきわめて個性的。

1

チェット・ベイカーの“愚かな魂”の深淵 『マイ・フーリッシュ・ハート』が湛える“音楽そのもの”の魅力|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ベイカー チェット

よほど長期にわたってライヴを行っていなかったのだろうか。 チェット・ベイカーの実在する妻や恋人たちは何らかの問題を抱えている者ばかり。 その理由として、ロックの代名詞的楽器はギターですが、ジャズの代表的楽器であるトランペットやサックスを吹きながら歌を歌うのは無理という、しごく当たり前の事情もあるのですが、どうやらそれだけでもないような気がします。