ブラザー インクジェット。 産業用インクジェットプリンタ ドミノAxシリーズ(印字機) Ax150i/Ax350i/Ax550i

産業用インクジェットプリンタ(印字機)ドミノAシリーズ i

インクジェット ブラザー

ADF付きスキャナは思った以上に便利 ブラザーのインクジェット複合機は、安価な割にADF(自動原稿送り装置)が付いていることのも魅力です。 主力モデルの多くに、全色染料の6色インクシステムを採用。 また、大容量インクにも対応しており、印刷コストも従来より下げられます。

5

LC3117

インクジェット ブラザー

でも、プリント物を見てみると、どちらが純正インクだか分からないので、 互換インクもプリント品質は良いです。 インク・トナーなど、プリント溶剤を製造している工場では、あまり達成できないくらい 不良品が少ないです。

3

ブラザーサポートブログ: 染料インクと顔料インクの特性について

インクジェット ブラザー

エタノール・ベースのインクは、食品包装などの薬品による汚染を嫌うアプリケーションで使用されています。 まぁ、他社のプリンタでも最高画質のスピードはそれなりに遅いんだけど、特に文書の印刷で他社と画質を合わせようすると、どうしても「最高画質」を使いたくなる。 そんな感じ。

15

《2019

インクジェット ブラザー

産業用インクジェットプリンタのインクについて 小文字・個別パッケージ用の産業用インクジェットプリンタ「ドミノAシリーズ」には様々なインクがあり、多様なアプリケーションに消えにくく読みやすい印字を提供します。 標準では片面スキャンのみですが、工夫すれば両面スキャンもできなくはありません。

3

互換インクって実際どうなの?

インクジェット ブラザー

他メーカーの製品にはなかなか装備されていないADF(自動給紙装置)を搭載するモデルも多く、伝統的に人気のあるFAX機能搭載モデルもあるなど、実用性にすぐれた多機能を装備するのも特徴です。 モノクロ印刷が多いこともあり、さすがに数ヶ月前に黒インクは交換しましたが、今でも、出荷時に付いてきたインクのうち、赤と青は残っている状態です。

1

産業用インクジェットプリンタ(印字機)ドミノAシリーズ i

インクジェット ブラザー

その後、3機種ほどキャノン製品を乗り換え続けました。 で、今、ブラザー製品に乗り換えて1年経ってみて、一番何が変わったか、といえば、その手の理不尽な事が少ない「良心的なプリンター」だね、という点。 4色インクとはいえ、ブラックはドキュメント印刷向けの顔料ブラックインクを採用しているので、写真印刷もドキュメント印刷もバランスよくこなせる「PIXUS」シリーズならではの特徴は引き継がれています。

【楽天市場】プリンターインク > メーカー純正品 > 純正インク

インクジェット ブラザー

大容量インクカートリッジのほうが1枚あたりのインクコストは安く済むほか、インク交換の手間も大幅に削減できます。 とりあえず、この2点だけ諦めが付くなら、他は不満に思う部分は少ないか、使っているうちに慣れてくる部分と思います。

13

ブラザーサポートブログ: 染料インクと顔料インクの特性について

インクジェット ブラザー

印刷品質が「普通」のままなら印刷速度に不満はありませんが、1点目で挙げた画質の理由から、キヤノン、エプソン製品から乗り換えた人だと、恐らくは「最高画質」を多用したくなるんじゃないかなぁ、と思うんですよ。 4円というインクコストは、エコタンクモデルなどを除けば、このクラスでは最安レベル。 (実際、引越しハガキはこのプリンタで印刷しましたが、特に不満はありませんでした。

13

《2019

インクジェット ブラザー

また、オプションパックは後からいつでも追加できます。 また、印字開始時は一定圧力に達した時点でノズル孔が開くため飛び出すインク流が安定し、帯電電極板や偏向板を汚しません。 ・ブラザー 高コスパで人気の4色インク複合機。