プリ デスティ ネーション 解説。 プリデスティネーション・感想

プリデスティネーション

ネーション プリ 解説 デスティ

フジモト医師 - クニ・ハシモト()• ロバートソンは完全に独立して生と死を繰り返し続ける完全ウロボロスの完成を確信した。 数奇な宿命を背負った主人公が最後には爆弾魔になってしまうまでを、イーサン・ホーク演じる主人公視点でもっと描けていたら、作品としてより見応えがあったのではないかと思う。 彼は常日頃から、煩わしい航時局の規則さえなければ、より多くの人を救うことができるはずなのにと考えるようになっていた。

プリデスティネーション

ネーション プリ 解説 デスティ

しかし話はそれだけでは終わらなかった。

13

【ネタバレ】プリデスティネーションを時系列と共に解説してみた

ネーション プリ 解説 デスティ

まあ・・・これを崩壊と比喩したのであれば嘘ではないかもしれませんね・・・ 一生懸命考えた結果、こんな感じの考察に行き着きました。

1

プリデスティネーション

ネーション プリ 解説 デスティ

ロバートソンが火傷ジョンのことを過去と未来から干渉を受けない云々と表現していたのはそのことでしょう。 巨匠ハインライン 「輪廻の蛇」というハインライン原作の小説が元となっています。

8

「プリデスティネーション」(2015) 超ネタバレ感想

ネーション プリ 解説 デスティ

宇宙慰安婦試験を受けるも、両性具有であることが発覚。

プリディスティネーション 感想と考察 過去と未来から完全に個人を切り離す離れ業

ネーション プリ 解説 デスティ

タイムトラベルの矛盾から生まれたこの世で唯一過去とつながりを持たぬ者が、ジェーン、バーテンダー、謎の男、フィズル・ボマーという傑作でした。 ベス - ケイト・ウルフ()• マーシー - アレクシス・フェルナンデス()• ラストシーンで、フィルズ・ボマーは訳のわからない理屈を並べ立てて自分を正当化しようとする狂人のような言動をとりますが、実は自分に自分を殺させることで『後継者』にバトンタッチして、輪廻から抜け出すまでがジョンの輪廻の『パッケージ』なのかもなーなんて妄想してしまいました。 劇場でイーサン・ホークを初めてみた作品。

19