江戸 切子。 伝統工芸江戸切子|江戸切子の硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

江戸切子(えどきりこ)の特徴 や歴史

切子 江戸

お越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。 その後、島津藩が江戸のガラス技師を招いて薩摩切子を作ったのですから、技術の移り変わりは江戸切子、薩摩切子の順です。

6

江戸切子(えどきりこ)の特徴 や歴史

切子 江戸

見て楽しむだけではなく、日用品として使っても美しいという、今までの切子ブランドの良いところを集めた三つ目のガラス工芸です。 天満切子は江戸切子・薩摩切子と何が違う? さて、ここまで日本で代表的なガラス工芸品、江戸切子、薩摩切子を紹介してきましたが、 実は最近になって表に出てきた第三の切子をご存じでしょうか? それが、大阪発祥の 天満切子です。 江戸切子の将来としては、かつてないガラス工芸発展の時代に、美しさと品質を追求したガラス工芸品として江戸切子の伝統を長く保存育成する事を目指しております。

14

江戸切子

切子 江戸

大正時代になると、カットガラスが西洋風で美しいと重宝され、一気に一般家庭へと普及していきます。 そして江戸切子は昭和60年に東京都の伝統工芸品産業に指定、平成14年には国の伝統的工芸品にも指定されるに至りました。 最盛期には100名以上の職人が鹿児島城内にある花園跡製煉所で独自の研究を行いました。

12

江戸切子 但野硝子加工所

切子 江戸

江戸切子とは? 江戸切子(えどきりこ)は、東京都(江戸)で作られているガラス工芸品です。 興業社は,村井三四郎,丹羽正庸が裏に設立したガラス工場で、1876年にが買上げて「品川硝子製作所」と改称した。

1

伝統工芸江戸切子|江戸切子の硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

切子 江戸

子孫繁栄、不老長寿、魔除け…きらめく紋様が秘める意味とは 六芒星は宇宙の力を宿すと伝えられており、魔除けとして使われてきた歴史があります。 透明なガラスに細かい彫刻が施された美しいグラス、それにたっぷりと氷を入れてしゅわしゅわの炭酸飲料を入れる。

15

伝統工芸江戸切子|硝子工房「彩鳳」公式直販サイト

切子 江戸

関連項目 [ ] ウィキソースに の原文があります。

11