į˛— 䞛養。 į˛—䞛養とはīŧŸ 意å‘ŗや「ぎし」ぎ書き斚、į˛—䞛養品ぎマナãƒŧãĢついãĻ

į˛—䞛養īŧˆæŗ•äē‹ãŽãŠčŋ”しīŧ‰ã€ãŽã—īŧˆæŽ›ã‘į´™īŧ‰ã‚„、おすすめぎ品į‰ŠãĢついãĻ

供養 į˛—

äšåˇžåœ°æ–šīŊĨæ˛–į¸„ æŽĸすâ€ĸ ぞた、キãƒĒã‚šãƒˆæ•™ã§ã‚‚ã“ãŽčĄ¨įžã‚’į”¨ã„ることがありぞす。 ãĒお、æŗ•äē‹ãŽå ´åˆã¯åŸēæœŦįš„ãĢは挨æ‹ļįŠļは不čĻã§ã™ã€‚

6

éĻ™å…¸čŋ”しとį˛—䞛養はäŊ•ãŒé•ã†īŧŸãŽã—ぎ書き斚やマナãƒŧãĢついãĻåŋƒåž—よう

供養 į˛—

ぞた、į˛—䞛養品ぎį›¸å ´ã¯ã€č‘Ŧ儀ãƒģæŗ•čĻã¸å‚列された斚々ãĢäŧšč‘Ŧį¤ŧįŠļと合わせãĻãŠæ¸Ąã—ã™ã‚‹ã‚ąãƒŧ゚ですと、千円īŊž1千500円į¨‹åēĻãŽå“ã‚’č´ˆã‚‹ãŽãŒį›ŽåŽ‰ã¨ãĒãŖãĻいぞす。 かえãŖãĻäŊ™åˆ†ãĒお気éŖいをさせãĻしぞい、大変恐į¸Žã‚’いたしãĻおりぞす。

15

į˛—䞛養īŧˆæŗ•äē‹ãŽãŠčŋ”しīŧ‰ã€ãŽã—īŧˆæŽ›ã‘į´™īŧ‰ã‚„、おすすめぎ品į‰ŠãĢついãĻ

供養 į˛—

į”Ÿå‰ãĢãŠä¸–čŠąãĢãĒãŖãŸã“ã¨ã¸ãŽåžĄį¤ŧâ€ĸ į†¨æ–—ぎ選ãŗ斚と書き斚 「éģ„色ãƒģį™Ŋぞたはéģ’ãƒģį™Ŋぎįĩãŗきりぎ水åŧ•ã€ãŽãŽã—ã‚’äŊŋį”¨ã—ぞす。 寞しãĻ、「通夜ãƒģč‘Ŧåŧå‘ŠåˆĨåŧãŽããŽæ—ĨãĢčŋ”すもぎ」とč§Ŗ釈するところもありぞす。

10

į˛—䞛養とは。æŗ•äē‹ãŽæ–Ŋä¸ģがįŸĨãŖãĻおくずきį˛—䞛養ãĢついãĻぎ全įŸĨ識

供養 į˛—

čĨŋæ—ĨæœŦでは、æŗ•äē‹ãŽãŠčŋ”しぎčŋ”į¤ŧ品ãĢæŽ›ã‘ã‚‹ãŽã—ãŽčĄ¨æ›¸ããĢ 「į˛—äž›é¤Šã€ã¨č¨˜čŧ‰ã—ã€æąæ—ĨæœŦでは 「åŋ—」と書きぞす。 3000円į¨‹åēĻぎį‰Šã§ã‚‚かãĒりčĻ‹æ „ãˆãŽã‚ˆã„ã‚‚ãŽã‚’é¸ãšã‚‹ãŽã‚‚ãƒĄãƒĒットです。

æē€ä¸­é™°åŋ—とはīŧŸį˛—䞛養とぎ違い

供養 į˛—

į˛—䞛養ãĢいくらかけるīŧŸ į˛—䞛養は一čˆŦįš„ãĢéĻ™å…¸ãŽīŧ“分ぎīŧ‘ã‹ã‚‰åŠéĄį¨‹åēĻぎ、いわゆる「半čŋ”し」が遊切とされãĻいぞす。

2

å¤ąį¤ŧぎãĒいį˛—䞛養ぎ選ãŗ斚とぎしぎ書き斚

供養 į˛—

æ€ĨãĒご不嚸ぎ場合ãĢは時間をかけãĻ選ãļことができぞせんが、č‘Ŧå„€ã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãŸæĨ­č€…ぎ斚でã‚Ģã‚ŋログをį”¨æ„ã—ãĻいることがãģã¨ã‚“ãŠã§ã€ããŽé‡‘éĄã‚‚500円〜3000円と嚅åēƒãé¸ãļことができぞす。 品į‰Šã‚’送äģ˜ã—ãŸčƒ¸â€ĸ æŗ•äē‹ãĢé–ĸしãĻぎįŸĨč­˜ã‚‚æŒãŖãĻいぞす。