サピア ウォーフ の 仮説。 言語相対性理論 ~サピア=ウォーフの仮説~

サピア=ウォーフの仮説とは

の サピア 仮説 ウォーフ

これをサピア=ウォーフの強い仮説と呼ぶ。 2) ホピ・インディアンの時間の観念は独特である。 もっともよく考えてみれば、アメリカは特許もそうだが、先出願主義ではなかった。

10

言語記号の特徴⑥〜サピア・ウォーフの仮説〜│日本語教師道〜出力場〜

の サピア 仮説 ウォーフ

対してウォーフは MIT の同窓生で出自も東部の名門に連なっているという。 アントワーヌ・ファーブル・ドリヴィエはウォーフが独学で古代マヤ文字や北米インディアンの言語を研究していた時期に熱心に研究した 19 世紀初頭のフランスの神秘思想家でヘブライ語学の研究者である。 今回、その中からサピア=ウォーフの仮説として有名な言語相対性の仮説を取り上げてみた。

14

言語相対仮説とは

の サピア 仮説 ウォーフ

弱い仮説 弱い仮説とは、「たしかに、言語と思考は関係性がある。 3) イヌイットの言葉には、雪を意味する単語が何十もある。

16

サピア=ウォーフの仮説とは

の サピア 仮説 ウォーフ

キャロルは中西部出身だが執筆時にはハーバード大学の助教授だった。 また、対照実験の成果はほとんどないとして、ピンカーは「言語が話し手の思考を大幅に規定する、という説の科学的根拠は存在しない」と言い切っている。 言語が思考に影響を及ぼす部分があることは確かと言えそうです。

11

サピア=ウォーフの仮説とは

の サピア 仮説 ウォーフ

つまり、 「ものの物理的な側面や機能性に着目して、人間との関わりからそれを分類辞という形でカテゴリー化する言語は、その認識を保ちながら、破壊という行為の仕方をそのカテゴリーに関連させている」 井出里咲子、 砂川千穂、山口征孝、大崎善治『言語学人類学への招待』32頁のです。 しかしその後,ロッシュの結論がいささか単純にすぎることを示した結果も多数報告された。 パンダ、サル、バナナから仲間二つを選ぶとき、東洋人はサルとバナナを仲間と答える傾向があることを前回紹介した。

8

言語相対仮説とは

の サピア 仮説 ウォーフ

近年は、言語が異なると、ある言語に存在しない色彩語の色彩が認知されないわけではなく、注目されて言語コード化される色彩が異なると考え方が主流です。 これは知覚的な変化の認識が速さは難しいために速い=遅いという関係を言語を媒介とせずに思考する事が難しいのだろう。 しかし、言語相対論では西欧以外の文化や考え方も対等なものとして扱っています。

20