日立 金属 検査 不正。 「金属」「建機」の株式売却へ、“巨艦・日立”解体も多難な道のり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

日立金属、検査不正の調査中に売却手続き入り 疑問視も:朝日新聞デジタル

不正 日立 金属 検査

また、日立製作所の社会イノベーション事業を支えるIoT(モノのインターネット)共通基盤「ルマーダ」との親和性も評価基準の一つだ。 2つ目が「 顧客と取り決めた仕様の順守や品質保証に関するコンプライアンス意識が希薄化していたこと」だ。

2019年も検査不正は続くのか――モノづくりのプライドを調査報告書から学べ:MONOist 2019年展望(1/4 ページ)

不正 日立 金属 検査

また、報告書では工場長など歴代の現場の責任者も不正を把握していたものの、顧客への報告や抜本的な改善を指示しなかったと指摘しています。 特殊鋼は、主に加工治具や自動車部材の材料として使われる。

3

日立金属が品質検査不正=特殊鋼や磁石で10年以上

不正 日立 金属 検査

検索: 検索 最近の投稿• 不正の内訳は検査結果の書き換えが60%、検査の未実施が20%などとなっていて、生産能力に見合わない顧客の仕様や納期で受注したことなどが原因だったとしている。 製造工程中の検査で磁気特性(磁束密度を示すBr値、保磁力を示すHc値)などを測り、得られた値が顧客の要求仕様の範囲から外れる場合、要求仕様の範囲内の数値に書き換えて検査成績書に記載していたという。 プロフィールなど• ここでも不祥事、出てきますかね。

18

日立金属が品質検査不正=特殊鋼や磁石で10年以上

不正 日立 金属 検査

2021年2月9日 火• 1月に特殊鋼の不正に関する情報提供があり、調査を進めていた。 不正が見つかったのは、自動車部品向けなどの特殊鋼や、家電用モーターなどに使われる磁石。 同年3月20日以降の事実確認の過程で、熊谷磁材工場と佐賀工場(佐賀県・大町町)、子会社のNEOMAX近畿(兵庫県養父市)が製造する希土類磁石の一部についても、検査成績書への不適切な数値の記載が明らかになった。

日立金属 検査不正 1700社余に納品 経営トップら報酬減額処分

不正 日立 金属 検査

フェライト磁石は、自動車のワイパーやパワーウインドウなどの電装用モーター、エアコンなどの家電用モーターに用いられる。 日立製作所も最終的に車部品統合会社を売却する方針とみられるが、まずは構造改革で買い手にとって魅力的な会社へ生まれ変わらせる必要がある。 顧客と取り決めた仕様で定められた特性について、その検査結果を書き換えた• 10月19日 クボタ 9月12日 圧延用ロールと圧縮機用シリンダーライナー 検査データの改ざん。

6

2019年も検査不正は続くのか――モノづくりのプライドを調査報告書から学べ:MONOist 2019年展望(1/4 ページ)

不正 日立 金属 検査

会長就任後、磁石製品などの検査不正が公表された。 顧客に向き合い、事を誤ったら是正する勇気を持ってほしい。 規定された試験条件の逸脱に始まり検査データの改ざん、果てには検査自体の未実施という事案もあった。

4

重要なお知らせ

不正 日立 金属 検査

受注獲得や納期順守へのプレッシャーが、受注にあたって十分に工程能力を検討すること、量産移行段階で顧客に仕様変更の提案を行うことの阻害要因となったとしている。 西山会長兼社長は「長年にわたる問題。 また顧客報告と異なるラインで生産されていたことも判明しています。

18

日立金属が品質検査不正 特殊鋼や磁石で10年以上:時事ドットコム

不正 日立 金属 検査

これまでの調査で安全・性能上の問題は確認されていない。

日立金属、車部品などの特殊鋼・磁石で検査不正が発覚[新聞ウォッチ]

不正 日立 金属 検査

日立製作所が子会社で金属大手の日立金属を売却するための手続きに入ったことがわかった。 不適切行為があった希土類磁石製品は、リングマグネット形の約270品番と角形の約100品番。

17