中村 竜太郎。 元文春記者・中村竜太郎氏がジャニーズ事務所を語る「要注意人物に指定された過去」

元文春記者中村竜太郎が語る「週刊文春の掟」とは?辛坊治郎ズームそこまで言うか!

竜太郎 中村

昔の週刊誌は根も葉もない事を書いて 世間を騒がせていたそうなので、 本当に嫌われ者になっていました。 それに、こっちは弁護士を連れてきていないし、不用意なことを喋ることができない。

中村竜太郎

竜太郎 中村

現在は、「週刊文春」や、総合月刊誌「文藝春秋」、スポーツグラフィック誌「Number」、経済誌「Forbes Japan」などで執筆中。 ハギノ・リザードマン• メディア出演歴 テレビ番組出演歴 CX 「バイキング」、「みんなのニュース」、「めざましテレビ」、 「情報プレゼンター とくダネ! 新潮社の佐藤社長は「今回の新潮45の特別企画のある部分に関しては、あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現だ」とコメントを発表し、9月25日に同誌は休刊することとなった。

5

2021年1月14日(木)は、ジャーナリストの中村竜太郎さんが登場!

竜太郎 中村

当局は水面下で動いてたとは思うが、薬物捜査は難しいものなので、噂が浮かんでは消えしていた」と、伊勢谷容疑者が20年前から〝大麻常習者〟として知られていたことを明かした。 <活動> 幅広い人脈を駆使し、企画、取材、構成、執筆まですべて手掛ける。 この秋刊行され、自身初の単行本となるは、ひとつのスクープをとるに至るまでの記者たちの奮闘ぶりを鮮やかに伝えるだけでなく、取材をするなかで中村氏が見た宇多田ヒカルや北島康介といった著名人たちの素顔をも知ることのできる一冊となっている。

元文春エース記者・中村竜太郎が指摘する『新潮45』休刊の原因

竜太郎 中村

高桑翔汰• ラジオ• 棟田康介• ()- 2017年8月20日• けれど、僕はジャニーズのタレントさんのことを嫌いではないんですよ。

16

2021年1月14日(木)は、ジャーナリストの中村竜太郎さんが登場!

竜太郎 中村

20年前から薬物の噂があった伊勢谷容疑者 「シャブ&ASKA」をスクープした元週刊文春の敏腕記者・中村竜太郎氏(56)が9日、昼の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)に出演し、俳優・伊勢谷友介容疑者(44)の薬物逮捕について語った。

14

元文春エース記者・中村竜太郎が指摘する『新潮45』休刊の原因

竜太郎 中村

(中略) 辛坊)記事を書くときに「この記事書いたらこの人困るだろうな…。 週刊誌自体が嫌われる存在でした。

12

中村竜太郎

竜太郎 中村

基本的に無理やり歯の位置を動かすんで。 タブーに触れたことで危険な目に遭遇したこともあったのではないですか? 「ええ、忘れもしません。 Who's the Winner? 辛坊)「シャブ&飛鳥」の記事は、完全に中村さんがスクープを? 中村)そうですね。

元文春エース記者・中村竜太郎が指摘する『新潮45』休刊の原因

竜太郎 中村

まずはこの二つです。 イノッチの言ったとおり、目は やっぱり「ついでにとんちんかん」の間 抜作(あいだ ぬけさく)先生と同じ目。 ネットの場合は、鵜呑みにすると痛い目をみることが多い。

1

元文春・中村竜太郎氏 伊勢谷容疑者を20年前からマーク「売人の口から何度も名前が挙がっていた」

竜太郎 中村

辛坊)そうなんですよ。