折々 の ことば。 哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の

今まで知らなかった言葉、知っていたけれど意味を知らなかった言葉。 彼女は、臨死体験の例を集めて「死後の生」を証明しようとする努力をついに二万件でやめてしまった。 1967年度のノーベル平和賞の候補となり、プラム・ヴィレッジを西洋で最も大きく活動的な仏教僧院へと成長させた。

1

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

ことば 折々 の

もし死なば、多くの実を結ぶべし。

3

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の

特にモノに関しては「盗まれるようなモノには本来なんの価値もない」と単純に割り切ることもできる。 冒頭の一行を含めてこのことばは次のように述べられた。 これは平和の行動になります。

9

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

ことば 折々 の

[2015. ともすれば謙虚さがなくなって、他人の意見も耳にはいらぬようになる。 その彼女が、「わたしのしをよむすべての人たちに わたしがたちなおったように あきらめずにいきて」とこの詩の読者に呼びかけている。 鷲田さんもこうおっしゃっています。

4

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

ことば 折々 の

自分はそのような愛にふさわしいとは思えないのですが」と師に問いかけた。 アメリカの連邦議会で瞑想を指導したこともあり、世界中の多くの人びとをいまも導いている。

15

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

ことば 折々 の

安徳天皇、二位尼らが入水し、平氏滅亡の様を見届けた知盛は、乳兄弟の平家長と手を取り合って海へ身を投げ自害した。 そして自分が向上する。 そのときに参会者に配られた色紙に書かかれていたのがこのことばである。

13

折々の言葉

ことば 折々 の

[2015. [2015. [2015. 「言葉は旧友や恩師と同じで、出会った頃と、50年つき合ってきた後とでは魅力を感じるところや関係の意味が全然変わってくる。 「足るを知る」という短縮形で私たちも聞き慣れているが、もちろんこれは、欲がなく満足することを知っている者は心豊かに生きることができるという意味である。 でもあなたはいま愛の実践ができるのですから、自分を愛することでご先祖にも愛を与えてください。

15